連休疲れが抜けない




またしてもやってきた疲労感。
何か特別なことをしたわけでは無いのに、
ぐっと疲労感がやってきます。
そして、それがいつまでも残っているのが30代。
なぜにこんなにも疲れが残るのか、
疲労感の残る体になって日が浅いので、
この体とどう付き合うのか、
どうやって疲労感を軽くするのか、
まだ掴めていません。
ただひたすら疲労感と、虚脱感があって、
仕事の進捗も芳しくなく、ただただ疲れるばかり。
寝ても食べても疲労感は抜けません。
何をしたかも分からないので、
何をすれば良いのかも分かりません。
希望的観測では、1年もしたらこの体質に慣れ、
いよいよ40代を迎える準備がひとつ完了するのだろうと
思っています。
まだアラフォーに突入したばかりと
自分では思っていますが、体は正直に体力の低下を教えてくれます。
いつまでも若くないのだな。
若いって良いな。と思うのが、疲労の抜けない30代だなと
思うようになりました。
明日から週末になりますが、
でかけずにダラダラと過ごすべきか、
それとも連休で抜けた力を取り戻すように
活動的に過ごすべきか。
どう考えても、この疲労感の原因は
連休というふだんとは違う日々を過ごしたことに
あると思うのです。
もし、そうであれば休むことは逆効果かもしれません。
妻が仕事から帰ったら、この週末の過ごし方を相談したいと思います。
そして、ニンニクたっぷりの夕飯を食べて
体力の回復と、疲労感を振り解きたいと思います。