けっこう萎えた




家で仕事をしている僕は、
働きに出ている妻に変わって
洗濯物を干したり、夕飯を作ったりすることが
よくあります。
家事が妻の仕事と決まっているわけではないですし、
家にいる僕ができることはやろうと思います。
たとえ業務時間でも、できる人がやるということは
とても良いことだと思うのです。
なので、気が付いたことはできるだけやろうと思います。
妻も休日には、僕が目につかないことや、やろうとしないことをやってくれています。
たとえばトイレ掃除などなど。。。
お互いに協力すれば良いな。と思うのですが、
最近の妻は、帰る時間が7時を回ることもあり、
夕飯は専ら僕の家事になってきました。
まともなものは作れませんが、それでもと思い、
僕が準備をし、なかよく食卓を囲んでいます。
ご飯を食べたら風呂というのが、我が家の自然な流れで、
以前は僕が風呂に入っている間、妻は洗い物をしてくれていました。
仕事を始めてからもそうでした。
しかし最近は帰りが遅いのです。
僕が風呂に入っている間に、居間で寝転び、
洗い物は流し台に置きっぱなしです。
食卓に食器が並んだままの日もあります。
あまり僕が出しゃばると、
妻はそれを皮肉だと捉えて、
機嫌を損ねます。
なので、洗って欲しいと思いながらも、自分で洗うこともせずに
見て見ぬ振りをすることにしているのですが、
最近の妻は、居間で寝転んだまま眠りに入るのです。
食器を洗うどころか、風呂に入ろうともしませんし、
歯を磨くこともしません。
以前、僕があんなに嫌がったふたつのことをしようとしないのです。
妻が寝ているのを横目に、僕は食器を洗い、
歯も磨かずに寝息を立てている妻を見て見ぬフリをして
仕事に戻ります。
僕も最近は仕事が片付かず、
さらには依頼を多く頂いています。
そのため、夕食と風呂という時間はあるにしても、
やはり夜10時や11時までは仕事をしています。
なのにも関わらず、7時に帰ってこられる妻が
家事をせずに寝ていると思うと、なんとも気持ちが削がれます。
明日からお互いに休めることになっているので、
遊びに行く予定を立てようとしていますが、
その話も途中のまま、妻は寝てしまいました。
もちろん風呂も入っていませんし、歯も磨いていません。
服は外出したまま。
でも布団には入っています。
そんなに疲れているのなら、出かけずに
ダラダラと過ごした方が良いのでは無いかと思います。
僕は連休が明けてから、ひとりで出かけようかなと。