疲れの抜けない30代




いつまで経っても怠さが残ります。
もう、いつのものなのかも分かりません。
心当たりもない怠さが、毎日の生活で
積み重なっていきます。
先輩方がいるなかで、まだ30代半ばの僕が疲れたという
言葉を口にしてはいけないなと思うのですが、
とはいえ、疲れは抜けなくなる物ですね。
まだ若かったころ、
年を取ると・・・なんていうことを話してくれました。
そんなことを言っても、
20代でも疲れる物は疲れる。
当時はそう思って聞いていたのですが、
いやいや全く違うのですね。
ようやく実感しました。
もっと年齢を重ねていけば、
これがどんどんと増していくのだろうという気持ちと、
慣れていくのかもしれないという期待とがあります。
どちらにしても、疲れが抜けない日々というのは、
聞いていた以上にツライものです。
栄養ドリンクを飲みたくなる気持ちも分かります。
一時でも、あの興奮剤的なものを体内に取り込んで、
疲れを忘れたいと思います。
妻との対戦も、1回戦が限度で2回戦へと突入することができません。
ひとりなら3回戦ぐらいは行けそうですが。
やはり運動エネルギーが違うのだと思います。
筋力の使い方も。
そう思うと、30代の半ばというのは、
何度か経験する体力の曲がり角のひとつだと感じています。