電車で目の前に立つコートの女性




久しぶりに普通列車に乗りました。
普段は主要な駅まで車で行き、そこから特急や新幹線に乗るのですが、
たまには電車も良いものです。
いつもと違う景色、人の数。
人の多い大きな駅とは違うローカル線ならではの風景があります。
座席にも余裕があったため、
僕も座ることができたのですが、
ケータイやスマホを操作している人の少なさ。
うつむき加減でジッとしている人がほとんど。
電車が進んで乗客が増えてきても変わらず。
やがて僕の前にも人が立つようになり、
明るいピンクのコートで、ショッキングピンクのバッグの女性が来ました。
晴れているのに傘を持っていました。
派手な色なので顔を見たいところですが、
目の前にいるのに、見上げて覗き込むこともできません。
服装から妄想します。
きっとこういう目立ちそうな色を身につけるのは
年齢が上なことが多いと聞いたことがあります。
ということは40代くらいか。。。
でもココは20代ギャルが目の前にいることにしたい。。。
足を見ると、なかなかスリム。
手もカサカサした様子や、家事を頑張っている様子もない。
どんなだろうかと思いながら、目的の駅が近づきました。
降りるついでに、さりげなく顔を見上げると、
案の定、わりと年齢の高そうな女性。
派手なピンクの割りに。。。でした。
しかもケータイを操作して下を向いていたので、
顔じゅうの肉が下がり、ほうれい線は通常の20倍か?くらいに深く、
口角が下がって、への字口。
もしかしたら60歳くらい???
という感じの女性でした。
見ないで妄想していた方が幸せだったかもしれません。
彼女は市役所の近くの駅で降りて行きました。