夜中まで続く話し合い

妻の不機嫌に、僕までが機嫌を悪くした昨夜。
遅くまで話し合いが続きました。

僕は一人になると一方的に妻を悪者にして考え込んでしまっていますが、
ここのところ、仕事に追われて妻のことを蔑ろにしていたところもあります。

妻は妻で新しい環境が始まり、それに慣れるまでの大変な時期でもあります。

今回はそんな時に起きた事件でした。

消費税が変わって、それに煽られるように僕の仕事も急増。
だからといって売上げは変わらないのですが、
ただただ忙しくなった4月を過ごしています。

すれ違いとはこういうことを言うのだと思います。

お互いに時間が無くなり、
お互いのことを思う時間も無くなり、
自分のことばかりになる。

結果、気まずい雰囲気が家の中に流れ、
負の思考はさらに負の方向へ。

夜遅くに始まったケンカは少しずつ冷静になりながらも、
日が変わっても続きました。

僕は鎮まって行くにつれて、
だんだんとこんなにヒドイことを考えてしまっている僕に
感情をぶつけている妻のことが可哀想に思えていました。

ただ大変、ツライと弱音を吐ける相手に吐いているだけなのに、
僕は僕でそれを受け止めることすら出来ず。

とても気持ちの悪い2日間を過ごした後の、
夜中の長い長い話し合いでした。

なんとか修復には至りました。

【ブログランキングに参加してます】
こちらの応援をお願いします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
ブログランキング
ブログランキングならblogram





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top