男のステータスと妻の価値観




男が持つステータスって何でしょうか?
そもそもステータスってどんな意味なのでしょうか。。
検索したら「社会的地位。また、それを表すもの。」と出てました。
僕のような、ナントナク仕事をしている30代の男性が持つステータス。
たぶん特に高価で滅多に買えない高嶺の花を手にすること。
たぶんそれは車であったり、インテリアであったり。趣味の中からもの凄い物を買ったりすること。
もちろん妻も高嶺の花で、自慢の妻の場合はステータスだと思います。
でも妻がステータスになるのは、あくまで男にとって具合が良い場合になると思います。
たとえ口うるさい妻でも、男がそれを受け入れる度量があって認めることができる場合。
価値観が合わなければ、男のステータスは妻から見て無駄遣いに見えるのではないかと思います。
何故かというと、まさに僕のところがそれに当て嵌まるからです。
僕のステータスは、良い車に乗ること。
靴やボールペンの良い物を持つこと。
願った物が手に入るほど、ステージが上がった気持ちになります。
そして僕のテンションは上がり、いろいろな物が見えるようになったり、アイディアが広がったりします。
しかし、この価値観は妻には共感してもらえません。
そんなところはムダ。
お金を垂れ流し、貧乏生活を続けることになる。
お金を使うべきところが自分とは違うと間接的に言われるのです。
妻のいうお金を掛けるべきところは、僕も興味が無いわけでは無いのですが、
僕のセンスはそこには無いのです。
だから興味があって、何かしたいと思っているのにもかかわらず、
それが形として見せることも出来ないですし、ましてやそれよりもセンスのある部分が際立ってしまい、さらに霞んでしまうのだと思います。
ひと言でいえば価値観の違い。
ただし、僕は貧乏生活かもしれないですが、不自由な思いをさせているとは思いません。
多くは無くとも、立派に稼げているという自負があります。
それを覆して、鐘の掛けるべきところが他にあるので、靴やボールペンは安くても良いと言われると
手放せば気が済むのか?という思いになります。
妻の言葉を思い出すだけでも腹立たしい気持ちになります。
結局、僕の稼ぎは認めてもらえておらず、渡している生活費も多いのか少ないのかも分かりません。
多く渡せば渡した分だけ仕事の金に手を付けているんじゃ無いかと怒ります。
少なく渡したことはないのですが、きっとウチは貧乏になったと怒ると思います。
あ、今度少なく渡して試してみたいと思います。
まだローンが終わっていない車も、査定に出しました。
僕が仕事が順調に進んだというステータスに買った車が気に入らないようなので。