男の自信




つい先月や昨年は、
だんだんと元気が無くなっていくような
気がしていました。
それは「気がする」のレベルを超えて、
確かな気持ちになりました。
下半身の元気が無くなっていくことを
感じていました。
30代半ばでそんなことになるのかと。
寂しくもあり、
それに慣れていったりもしました。
今年に入って検査の結果が出てから、
薬を飲み、少しだけ良くなるような気がしてきました。
ただ、僕が何よりも強く感じるのは、
妻が相手をしてくれるようになったことが
大きいのではないかと思うのです。
まったく何もしないのは、
男性機能も低下するそうです。
高校生や20代前半のような若さがあれば別ですが、
衰えが始まるような年だと、ある程度は機会があった方が
良いとのこと。
それを理論的に妻に伝えてから、
いままで余り積極的で無かった妻が、
数日おきに積極的になってきました。
僕も悪のりして、ちょっかいを出せるようになりました。
いままで妻の怖いところだけが目についたのですが、
それも無くなってきた気がします。
居やすい環境になった気もします。
それが自信になったのか、
朝起きると同時に、下半身も起き上がっている日が続きます。
もちろん薬の効果もあるかもしれません。
でも、僕ぐらいの年齢だったら、
おそらく気持ちのものだと思うのです。