寝起きの騎乗位




僕の下半身は元気が無くなってきた。
精子も量が少ない。
そう知って、
男性として機能を果たしていないと思うようになり、
ここのところ朝も元気よく立ち上がる日が減ってきたと
思います。
思えば数ヶ月前、
妻が家に来た頃は昼夜問わず元気すぎて、
それが解消できないことで愚痴っていたように思います。
朝、どんな調子なのか。
時間を掛けながら静かに起き上がるのか、
目が覚めたときから既に固く立ち上がっているのか。
まったくその気配が無いのか。
そんなことを心配するようになった2014年です。
今日は「久しぶり」な感覚で、目が覚めたときから
元気よく起き上がっていたので、
少しウキウキとしながら妻にその報告をすると、
朝からいろいろとしてくれました。
僕自身、なぜそこまで元気が無くなってきているのか
分かりませんが、妻も気にしてくれるようになりました。
優しく触り撫で、
騎乗位で時間を掛けてじっくり。
ここのところ、早漏な僕ですが、
騎乗位でイクことはできず、妻だけが疲れ切っていました。
その表情を見ることが満足で、出さなくても幸せでした。
しばらくこんな風なのも良いなと思います。

follow us in feedly
更新が遅いじゃないか!と思ったら、Feedlyで新着の受信をどうぞ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村