仕事が終わるのを待っていてくれる妻




僕の仕事はたまに日付が変わるような時間まで続くことがある。
それもこれもヒマに過ごしている日が多かったり、
日中、やれば良いことをせずにダラダラとしていたりするから。
でも、年に何日かは、どんなにマジメにやっても
やっぱり日付が変わってしまう日があって、
今日はそんな何日かの1日。
僕の妻は気分転換ができるように昼ご飯を工夫してくれたり
夕飯を仕事場に運んでくれたりしてくれた。
忙しい僕を気遣ってのこと。
実際に仕事に取り組んでいるのは僕だけれど、
こんな風に支えてくれると、一人でやっている仕事ではなくて
二人で仕事をしている気持ちになり、とても心強い。
そしてテンションも上がる。
遅い時間になってもがんばれそうだ。
と思っているうちに、本当に日付が変わってしまった今日。
妻は起きて待っていてくれている。
こんなブログを書かずに、
待っていてくれるところへイチ早く帰るべきだろうと思いつつも、
こんなときだから、このことを忘れずに書き留めて置かないと・・・
なんてありがたいのだろう。