精子の採取は採精という

初めて聞いた言葉です。

「採精」

何事かと聞けば、字のそのままですが、
精子を採取することです。

早数ヶ月になる妻との子作り。

いよいよ産婦人科のお世話になることになり、
僕の精子も病院で検査を受けることになりました。

そのために、採取して持っていく必要があるのですが、
問題はどうやって採取するか。

ティッシュに受けたことはありますが、
取るということは未体験。

お腹や胸に散らかったものを延ばしたりはありますが。

用意されたのは直径5センチほどのプラスチック容器。
深さは2センチほど。

そんな形状なので、中に差し込んで発射というわけにもいきません。

もちろん、遠くから狙いを定めてというほど正確では無いので、
至近距離から垂らすしかないのですが。

絶頂期を迎える僕にはそんな余裕も無い。
ということで、妻にお願いすることに。

ひとりで擦るのもなんだかむなしいですし、
妻がそれを待っているのもなんだか・・・

おなじ布団に入り、
いつものようにキスをし、優しく抱き、
体をまさぐっていきます。

不慣れなことをされるので、緊張していたのですが、
妻とじゃれている間に、すっかりいつもの元気を取り戻しました。

先に妻がイクと、僕のを一生懸命に擦る妻。

もうじき出そうになっても、お互いにどう待ち構えて良いか分からず、
少し零れたようではありますが、なんとか容器に向けて発射。

無事に病院へ持ち込めました。

結果は来週だそうです。

ブログが気に入ったらご登録ください

【ブログランキングに参加してます】
こちらの応援をお願いします。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
ブログランキング
ブログランキングならblogram



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top