ご飯も風呂もありません



2・3日、出張に出ていました。
体調がおかしいなと思ってから
それでも僕しかいない僕の仕事場。
僕が出張に出かけるしかないので、
そのまま出かけました。
外出先で元気になり、体調を戻して帰ってきたつもりが、
家に帰ってきて気が抜けたのか、喉の痛みと、
だるさがあります。
とはいえ、久しぶりの我が家と我が仕事場。
そして我が妻。
こたつで少しのんびりとして、
明るいうちから妻をイかせ、
デスクについて悠々と外出中の仕事を済ませました。
妻はというと、
僕がいない間に十分に羽を伸ばしたようで、
シッカリとこたつの定位置を改良して、さらに居心地を良くしたようです。
そのせいなのか、
今日は僕の夕飯は無い模様です。
もうじき夜の10時にもなろうという時間ですが、
台所に向かう様子も無いばかりか、
生キャベツが丸のまま置いてあるだけ。
そして、風呂も沸かしてないようなので、
今日は風呂に入らないか、シャワーだけのようです。
この寒い夜に。
妻はきっと風呂にも入らないで
こたつで朝を迎えるのでしょう。
いつも顔が見える場所にいるとはいえ、
僕は毎日働いているんです。
今日も週末だけど、仕事してるんです。
昼間は妻と布団の中にいた時間もありますが。
仕事を終えて帰ったときに、
ご飯も風呂も無かったら、
きっと僕は帰らなくなると思います。
そんな心境です。

■■質問箱というのを置いてみました
ココから