明日花キララのサイボーグ感が酷い「アイアンガール」




酷いなと思えるような映画や動画を探すのが、ある意味趣味なんじゃないかと思うことがたまにあります。
決してそんなことはないのですが、そういうものに当たることもあるので。
今回は、R18という表示に惹かれ、ついクリックしてしまった「アイアンガール」。
主演は、AV女優の明日花キララでした。

基本、女優さんは綺麗なのですが、この「アイアンガール」に関していえば、とにかくサイボーグのような作りものの表情が酷いです。
いや、それを酷いと表現して良いのか、人が作り出した造形美と見た方が良いのかという思いすらあります。
目的は美しくなりたいということだと思いますが、だったらこんな顔立ちにしなくても十分に美しくあることはできるのではないかと思います。

大きすぎる目。
不自然に上がった口角。

もう自然な表情に見えないばかりか、マネキンのように見えてしまい、人の演技としては見えません。
彼女のファンの人もいるとは思いますが、僕はちょっと受け入れられないタイプでした。

ほか、赤井沙希さんも出演していますが、こちらもどうかなと思うくらいの怖い表情で、せっかくの色気のある衣装も台無しな感が満載でした。
これも人によって好みがあると思うので、僕が一方的に言ってしまうのも違うように思いますが、とはいえ・・・

見せ場は、強いて言えば冒頭の5分ほど。
変身シーンでの明日花きららさんの巨乳振り回し乳首露出場面。
それくらいです。

あとは見なくてイイのかなと思います。
BGMとしてならアリですが。

今見終わったばかりですが、ストーリーなど頭に残っていないほどです。