預金額が酷いことになっている




クライアントが減って1年が経ちますが、減った付き合いが簡単に増えるわけでもなく、今年は真っ赤になるのだろうという予想通りになっています。
そもそも営業活動は苦手で、どちらかといえば職人のような、人との付き合いよりも仕事で選ばれるような仕事の請け方をしているところがありました。
仲間を増やしたいと思っていても、なかなか付き合いが増やせず、それはそのままクライアントの数にも反映されました。

それでもなんとか年末が見えてくる時期まで、ふだんどおりに生きてくることができましたが、そろそろアルバイトでもしなければならないかと思うようになりました。

今まで見たことも無いような額。
それが通帳に記載されました。
仮に今年を乗り切ったとしても、このままでは確実に来年はアルバイトが僕の主収入になりそうです。
今、主にしている仕事は手放すことを、真剣に考える必要がありそうです。

まさか、こんな額まで通帳が減っていくとは、数年前には予想もしていませんでした。
このままではマズイと口にはしてきましたが、それを具体的に行動に移すこともありませんでした。

銀行などからの借り入れも選択肢ですが、それを元手にして、何か新しい事業を興すという考えもありません。
それができるアイディアがあれば、、、とは思いますが。

さ・・・どうやってあと2ヶ月の2019年を過ごすか、2020年を今まで通りに生き抜くためにはどうするか。
もっと真剣になる必要がありそうです。