このブログの所在を考える

2019年4月9日



もう捨ててしまうことに8割がた決めています。
でも捨てるまでに数ヶ月、数週間あるとはいえ、これまで積み重ねてきたものが無くなってしまうのは、寂しくもあり、勿体なさもあり。

そんな中で、本当にこのブログは捨てるべきなのか、どうしておくべきなのかを考えています。

僕のネガティブな掃き溜めで、それを溜め込んでおくだけのものだったので、必要が無くなればゴミのように扱って良いと思っています。

とはいえ、少なからずこれは思い出であり、嫌なことが詰まったものでも忘れられないことでもあります。

そして、ごくごく僅かながら、広告が貼られていることでの小銭があり、いつか何かのキッカケでこの広告が炸裂するんじゃないかと淡い期待を込めて。
消すこともなく、そして、ランキングにも参加したまま、いつかブログが捨て去られる日を待っています。

そうしてだんだんと日が近づくことを感じ、、、
本当に消して良いのかと。

毎日、僅かな人が見てくれてますが。
嫌な気持ちで眺めているのか、それとも何かが書かれることを期待してくれているのか。
残すに値するのか。

どうだろうかと投げかけてみたい。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村