性欲と体調の変化



何歳になっても男ですので女性に興味があり、対象が誰であってもチャンスがあれば視界にそれお収めたいと考えてしまいます。
きっとこれは本能やDNAという小難しいことではなく、性に目覚める前、それを意識する前からの癖だと思います。
女性らしい形状に興味を持ち、そう大きな違いはないことを知りながら、いろいろな人のその様子を知ろうとします。
決して触れることができなくても、視界に入るだけで、それだけでもしたいと思います。

10年ほど前に当時の上司から聞いた言葉です。
「年を取ると興味は上から下へ行く」
それは興味の対象が胸から脚へと移っていくという意味でした。

当時はそんなことがあるのか思っていましたが、現在ではそれも分からなくもない言葉で、とはいえどっちも好きだというのが正直なところです。

その点について、妻に対して不満があるわけではなく、単に男という物は・・・ということなのですが、未だにAVは好きですし、アイドルや女優も好きです。
街角で見かける女性に目が留まることもありますし。できることなら好意を持たれたいという気持ちもあります。
それでややこしいことになるのは嫌だというのが大前提ですが。

ただ悲しいことに、体は変化していきます。
気持ちや願望は以前と変わらず持ち続けていても、それに応えられる筋力や体力は失われていきます。
特に下半身は用が済めば存在する意味は排泄だけになり、登場機会が少ないほど、その機能を失います。
僕は結婚してから登場する機会が少なく、まだそんな歳では無いと言われながらも、割と少なくなった元気に気持ちが萎えることもあります。
特に安心感が持てない相手だとなおさらのこと。

何かの薬やサプリに頼るべきなのかと考えることもあります。
不妊治療のため漢方薬を飲用し続けたこともありますが、なかなか結果に結びつかず、現在に至ります。
登場機会があろうが無かろうが、元気は失いたくないと思うのも男の性。

興味だけは高まっていく一方で、なかなか取り戻すことのできない体調の変化を切なく思っています。

■■質問箱というのを置いてみました
ココから