週末の過ごし方は基本的に家族優先

2018年7月23日



週末は基本的に子供の相手をする時間に充てているため、自分の時間が作れるのは夕方から夜になります。
独身のころや子供が生まれるまでは、朝から晩まで、特別な用がなければ自由にすることができました。
それが子供が育つにつれて、子供優先の過ごし方に代わり、仕事や余暇はその次という生活が続いています。
僕は家で仕事をしている都合上、妻の仕事の様子によって、僕の方が都合を付けて子守りを交代制にしたり、家事をしたりという生活になっています。
クライアントからすれば曜日関係なく対応してきた僕の良さが、家族という生活の場が加わったことによって、対応できなくなっていくことに、もしかしたら不満を感じているかもしれません。
僕にもプライベートがある
そのことは誰もが理解し、尊重してくれているとは思っていますが。
理解と気持ちは別のところにあるものだと思っています。
特にクライアントの事業が上手くいっていればまだしも、少しでも頓挫しかけていたり、芳しくない状況だったりしたら、ヤツはなにをしているのだと真っ先にやり玉に挙げられてもしかたがないと思っています。
今まで、あまりに融通を利かせ、都合の良いように対応してきた僕のせいだと思います。
悪く言えばクライアントを甘やかしてきたから、いざというときにその言葉に変わると。
ただ社外にいる協力業者に対して、そこまで求めるのもおかしなもので、僕も家族という存在を大切にするステージにステップアップしたということを受け入れて欲しいと思っています。
依頼があろうが連絡が来ようが、家族と過ごすと決めた土日は、外出を強行し、その間の電話やメールは一切無視をし。
ただ見逃すことができない事情があるかもしれないので、目を通すだけのことはして。
それ以上は月曜日に持ち越し。
せめて妻子が寝静まった夜中にそっとマシンを起動して対応する程度。
何が言いたいのかというと、週末くらいは静かに過ごしたいということです。

■■質問箱というのを置いてみました
ココから