「いい年して」と認識しながらPerfumeのDVDを買う



どこかのタイミングでタガが外れたかのようにお金を使ってしまう浪費癖があるのですが、2017年はそれが酷かったような気もします。
特に家庭での生活と仕事を優先した下半期。
わりと自由にしていた上半期からの反動か、家に篭もることや仕事に集中することがストレスに感じていたようで、高い買い物が多くなりました。
妻との意思疎通が図れなかったということも一因だと思います。
確定申告の季節でもあり、一年を振り返りながら帳簿を付けていると、ひとつひとつの領収書からそのシーンや心情を思い返すこともあって、懐かしいながらも悔しさや惜しさも思い出されます。
そんな中で2017年の思いつきの買い物はPerfumeのDVDでした。
Perfumeは2012年頃からYouTubeを通じて興味を持つようになりました。
もともとはきゃりーぱみゅぱみゅのMVを見始めたことがキッカケで、映像の流れや作り、その発想に興味がありました。
同じように中田ヤスタカがプロデュースしていたPerfumeも流れで興味を持ち、彼女達のクオリティの高いダンスや意識、耳に馴染む音楽に惹かれました。
またすべてが3人の力では無く、まるでチームPerfumeとでも呼ぶかのように、音楽、ダンス、映像などとそれぞれの分野で仕事をこなすスタッフがいて、その凄さ、新しいものを次々と取り入れていく斬新さなど、興味を持つには十分なほどでした。
残念なことに顔立ちの好みが合わないひとからは、僕がファンになっていることを知っているにも関わらず「かわいくない」と言葉をかけられたこともありましたが、僕は3人とも美しく個性的だと思っています。
根に持ってはいますが。
そうこうしているうちに5年が経っていることにふと気が付き、その間、ライブが見たい、CDをエンドレスにしたいなどの欲求を持ちつつYouTubeだけ試聴していたことに我慢ができなくなってきました。
YouTubeとはいえ5年も聞いていれば立派なファンと言えると思います。
そこを自覚したら、グッズは何も持っていないことはどうなのだろうかと。
楽しんでいる側として、楽しませてくれる人たちに失礼では無いかと。
そんな折、Dポイントを消化する機会ができました。
普段買わないものを買えるチャンスで、実用的な物よりも無駄遣いと言われても良い物。
それは初めて買うPerfumeのDVDだろう。
ネットで初心者にオススメを調べ、僕は何が好きなのかを振り返り、2014年の「ぐるんぐるん」というライブDVDを購入しました。
目的だったDポイントは、タワーレコードのネット注文が非常に面倒くさいことでくじけてしまい、結局カードで買ってしまったため、途中で目的は変わってしまってしまいましたが。。。

手にした初めてのDVDは期待を大きく上回るもので、何度リピートしても飽きないほど。
見るたびに発見があるようにも感じられ、満足度の高すぎるDVDに僕の欲求はさらに高まってしまって満足できなくなるという悪循環に陥りました。
そこで、暮れも差し掛かった12月。
さらにもう一枚のDVDを購入。
今度は1年新しい「3:5:6:9」

こっちはこっちで、ひとつひとつの曲が満足度が高いのは変わらずMCがホッとして良かったです。
ヒゲは生えていく一方で、鼻毛には白髪も混じるようになりました。
体もここ数年で衰えが感じられ、回復が非常に遅いです。
「いいとし」と呼ばれる世代に入っていることは重々承知しながら、アイドルと呼ばれるグループを見て楽しんでしまう自分のことをどうなのだろうかと思いながら、妻には隠してDVDを試聴しています。
僕はキッカケはYouTubeからの無料試聴でした。
そのまま無料でも楽しむのもイイとは思います。
ただ、いつまでも楽しみたいと思うのならば、楽しませて欲しいと思うのならば、彼女達や彼等が仕事として続けられる収入を得ていけるように、正しく購入をするのが大人だと思います。
僕もお金を得ることで生活ができ、仕事が続けられ、より良いものをクライアントへ返す努力ができるので。
お金で返すというわけではありませんが、気持ち良く対価を支払うことを大切にしたいものです。

■■質問箱というのを置いてみました
ココから