このブログの存在価値と存在意義



時々語りたくなるのがこのタイトルのことです。
「このブログの存在価値と存在意義」
どんなブログにも個人的な思いが込められていると考えています。
「遊びでやってます」というのも思いですし、「これで稼いでやるんだ」というのも大切な思いです。
続けることは、それがどんなことでも思いが込められていますし、それが個人的なものほど思い入れが強く、決して曲げることのできないものになっていきます。
これが第三者の物ならば感情を外すことも簡単で、すぐに曲げることも捨てることもできるのですが。
それが簡単では無いところが人間らしく、魅力的であったりもします。
あくまで僕の場合ですが。
このブログは負の塊です。
主に思い通りにならないことを書き溜めたネガティブだらけのブログで、良いことなどひとつも書いてありません。
リアルな存在には決して知られてはならない、どんな火種になるか分からないブログです。
そんな爆弾のような存在にもかかわらず、書き続けているのには理由があります。
誰かに話したくても愚痴を言う相手もいない、どこかに吐き出したくて仕方の無いことをブログという形で発散している。
これがこのブログの存在です。
何かを解決しようという前向きな思いなど一つも無く、ただただ気に入らないことを貶めているだけという生産性のないものです。
そのため、僕にとってはブログに書くことが目的で、それが溜まっていっても見返す気にもならず、痰壺のようでもあり肥溜めのようでもある臭くて汚い物にも見えてきます。
ただ、できることならば。
同じような気持ちになっている人がいたら共感してもらえると嬉しいですし、それが何らかの形で表現されると、多少は前向きな気持ちにもなります。
理解して欲しいのは解決をしたいわけではないという点です。
共感は嬉しいですが、前向きな気持ちになりたいわけではありません。
「こうしたら良い」「こういう経験をしました」というアドバイスもありがたいことではありますが、このブログを綴っている僕としてはノイズでしかありません。
善意や好意でそういったお声を頂いていると思うので、その気持ちは非常にありがたいということもお伝えしなければなりませんが。
結果的に僕は、
その通りにしようとも思わない、それを望んでもいない。
にも関わらず「ありがとう」という形だけの言葉を伝えなければならない。
という気持ちになります。
いつだったか以前もブログに書きましたが、このブログではアドバイスは望んでいないのです。
前向きな気持ちにはならなくて良いのです。
なぜならば掃き溜めだから。
掃き溜められていくことがブログの存在価値で意義です。
ここで解決はしなくて良いのです。
でも共感は嬉しいですが。
そういうワガママな場で、ブログとして存在しています。
この思いについて反論や意見もある方がいらっしゃるかもしれませんが、僕の思いを綴る場であるためそれを分かってもらえればと思います。

■■質問箱というのを置いてみました
ココから