ついにPerfumeのDVDが届いて手に取る



まさかこの日が来るとは思いもよらなかったという思いしか無く、未だに現実味の無い状態で手にしています。
PerfumeのDVDです。
こんなものと言っては失礼ですが、まさか購入することになるとは。
僕が今まで買ったことのあるDVDは映画を除くとごく限られたものしかありません。
しかもほとんどをブックオフに売ってきています。
それがポイント消化のためとはいえ、PerfumeのDVDとは、妻にはもちろん内緒です。
後ろめたいことはありませんが。
Perfumeは好きですが、女性としても好きですが、顔もスタイルも好きですが、ファンとして歌とダンスを楽しんでいるだけです。
なのに、どうしても後ろめたい気持ちになります。
DVDを性的に使用しようという気持ちもありません。
日々、Perfumeの歌とダンスを楽しんでいる僕としては、彼女達3人は歌う女神のような存在なので、魅力的な女性ですが性的なところは超越しています。
それだけに手にしてはいけないものを持ってしまったようにも感じます。
再生している時間はまるで夢のようで、あっという間に2時間が過ぎていきました。
今回、dポイントを消化するためにタワーレコードで注文をしました。
他のネットショップで慣れてしまっているせいで、当然のように宅急便で届くと思っていました。
ところが注文後に届いたメールで、郵便で届くことを知りました。
妻に内緒で手に取りたい僕としては、いきなり日時指定のない手段で送られ、しかもポストに置き去りにされる状態では困るわけです。
どこから何が届いたのかチェックされてしまっては、これ以上ない無駄遣いと思われ、今後の買い物にも支障を来す可能性が高くなります。
それだけにこっそりと受け取ることを目論み、出張の合間の時間をしていすることに決めていました。
まさかの日本郵便。
しかも僕の都合もお構いなしに「発送しました」とメールが届く。
翌日なら僕が即受け取ることもできますが、翌々日になったら出張に出かけます。
日本郵便では翌日に届くかどうかも分かりません。
緊張感が一気に高まり、こまめに配送状況を確認しながら今日を迎えました。
昼過ぎ、たまたま歯を磨きながら外を眺めていると、郵便局のバイクが近所を回っているのを見かけました。
妻は仕事が休みで家にいて子供とじゃれています。
もしピンポンを鳴らされたら、間違いなく妻が玄関先で受け取ることになります。
ピンポンを鳴らされること無く、僕が受け取るには玄関で待ち伏せて受け取るしかありません。
しかも待っていたことを悟られないように、偶然を装って出ていきたいところです。
そんな心遣いをしながら手にしたDVDは、さっそく開封され、ひそかに再生されました。
最小の音量で。
YouTubeで見たことのある映像ですが、やはり大きな画面で見ても画質が粗くならないことと、連続して再生ができる点はDVDで良かったと思えます。
無料配信には賛否があると思いますが、僕のように何気なく見かけたところからファン化することもあると思うと、一般的に広く試聴してもらうという意味では必要なことかと思います。

■■質問箱というのを置いてみました
ココから