育児の負担は母が負うのか父が負うのか



育児の負担は母が負うのか父が負うのかは解決のできないものだと思っています。
家庭の事情や状況が違いすぎて、一概に言えないだろうというのが僕の思いで、以前、国会議員が育休を取ろうとしましたが、僕はそれに反対でした。
男性も育児に参加するべきだと思います。
ただバランスがとても大事で、主役として参加するのか、サポート役として参加するのかによって時間の割き方も変わってくると思います。
僕の場合、収入の主は僕にあります。
それを育児のために時間を割こうとすると、当然ながら仕事の時間にも影響が出て、仕事の時間をしっかりと持とうとすると寝る時間と食べる時間を割くことになります。
それですら営業時間をクライアントと合わせることができないので、待たせることが増える可能性があります。
しかも育児をしている間は、食べる時間も寝る時間も不規則になりがちで、もしかしたら不規則どころか、その時間が取れないこともあります。
そうやって思うと、収入の主になっている側は育児参加してもサポートしかできないと思うのです。
ましてや僕に代わって収入を確保してくれる人もいません。
本来、収入のサポートも必要になるはずです。
収入を減らしても育児に参加するんだという意気込みなら問題は無いかもしれません。
僕も少なからずその気持ちはあります。
ただ今ココで収入を落としたら、先3ヶ月の見込みも落ちる可能性があります。
クライアントが他社へ流れるかもしれないので。
今ある仕事は、逃すことができないのが普通です。
妻には僕の不安定な収入をカバーしてもらって、とても助けてもらっています。
カバーしてもらうために、僕はサポートもします。
ただサポートに参加しすぎると、収入の主は妻に移っていきます。
合計したときに収入が増えていれば問題はありませんが、おそらく減ります。
そんなことを考えながら、僕は育児をしています。
それはそれで楽しいことですが。
電話に出られず、依頼に応えられず。
先延ばしすることが増えてきました。
どうやるのが上手く参加することなのかと、手探りの時間が長く続きます。

■■質問箱というのを置いてみました
ココから