いまいちな経理と新しい物欲

今まで何年もひとりで仕事をしてきて、毎年ドキドキとしながら売上げを維持してきましたが、今年のドキドキとする具合は例年以上です。

なんとなく売上げを作り、なんとか生活を維持して設備も古くしながら徐々に投資して新しいものに切り替えてきました。
今年も同じように物欲がわき上がり、今が必要なタイミングかどうか分からないが、欲しいという気持ちのままにAmazonを眺めています。

今年のドキドキの原因は、売上げ額というよりも新築の家という何よりも大きな買い物と、そのローン支払いという大きな固定費が関わっていると思います。
今までの家賃とどれくらい変わるのかといえば、けっして大きな額ではありませんが、それでも増額には変わりありません。
加えて個人年金や積み立ては今までと同額なので、将来的に楽な生活の糧にできるよう、稼げるうちに苦労しているといえば我慢しどころかもしれません。

ただ画面を積み重ねて潰れてしまっては本末転倒ですし、どこかで諦めを付けるというタイミングも必要です。
頑張り続ければ良いという単純な物だったら気楽なのですが。

家族がいて住処があってそれを守らなければならないというのは、がむしゃらに働くということでなく、止めるべきところで止める度胸と、だからといって諦めない勇気が必要なのかなと思います。

今年の売上げはおそらく過去最低ベースかもしれません。
そんなことを言っている状況で、経理を把握し切れていないのが恥ずかしいところですが。

2ヶ月か3ヶ月ほどサボっているところが個人自営主の甘いところ。
ドキドキとしながらもすぐに潰れないという安心感が、そういう行動にを反映しているのだとも思います。

加えて新しい設備を買いたいと思ってAmazonを見ている。
経理と数字を見て、近い将来を見てからAmazonを見ても遅くは無いのに。

手元には領収書とレシートだけは整理されて溜まっていきます。

ブログが気に入ったらご登録ください

【ブログランキングに参加してます】
こちらの応援をお願いします。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
ブログランキング
ブログランキングならblogram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top