体験して妻の気楽さと安心に気が付く



男というのは頭の悪いもので、チャンスがあれば種を残すための行動を取りたいと思っています。
中には限られた相手とだけの関係で種の存続を望んでいる男もいるとは思いますが。
たいていの男ならば、チャンスがあればというのは思うのではないでしょうか。
そこまでの勇気があるかということや、行動ができるのかということは話しを別にしても。
僕のように決して仲違いをしているわけではないのに、体を重ねることができない月日が続くような夫婦関係なら、悶々とする気持ちが続くことも分かってもらえるのではないかと思います。
男からしてみれば、イケると思えるような雰囲気、空気感があり応答があり、しかしそれ以上は拒まれる回数が重なっていきます。
結婚という枷がなければ、気の向くままに流れていきそうな思いもあります。
5日ほど前、マッチングサイトを使用してみました。
Yahoo!やFacebookなどで広告が多く表示されるアレです。
こういうものは金を使うようにできていて、女性に見えるユーザーはサクラだったり専門の業者だったりするのだろうと思って信用していませんでした。
世の中に存在する大半が金銭を搾取するために立ち上がっては消えていくサイトだと思っています。
ただ興味が無いわけでは無かったので、あれこれと調べて信用のできそうなサイトを選びました。
登録後に身長や体型、好みや趣向などを細かく記入していきます。
日記を書いた方が良いという情報も目にしましたが、個人情報を守りながら書けることも無いと思い、そこはスルーしながらもたくさんある項目を埋めてプロフィールを完成させていきます。
合間には年齢や目的で女性を検索し、どの程度が自分の好みに合うのかを見て楽しみました。
運良く仕事の絡みで様々な場所へ出かける機会もあります。
住んでいるところから遠かろうがどこだろうが、僕には移動力があるという強味もあるので、きっと広い範囲で楽しめると思いました。
そんな中、ひとりの女性と連絡を取ることができました。
年齢は僕より1つか2つ上。
正直なところ、多くにこだわった点もなく広い年齢層で探していました。
目的さえ合えばというつもりで。
相手が本物かどうか分からないまま、マッチングサイトを使って連絡をしているとポイントを消費し、いずれは連絡を取るどころかプロフィールも見られなくなるので、早々にLINEやメールに移行しました。
これができない相手だったら、相手にするべき人ではないと考えていたためです。
運良く2回目のメッセージで連絡先の交換ができ、返事も普通にもらえたので業者やサクラではないと感じました。
決して上手な文章ではありませんが、生活感のある内容を送ってくる相手に、親近感も湧きました。
ちょうどそんなタイミングで車での出張もあったため、帰りに寄ってみたいと思いました。
相手がどういうつもりで連絡に応じてくれているのか分かりませんが、返事をくれるということは決して悪くは思っていないということ。
それであれば、失礼のないように誘えば応じてくれるだろうと思い、相手の様子を伺いながら丁寧に誘ってみました。
結果、ちょうど飲み会だったという夜11時に待ち合わせることができました。
文章から感じられた人柄のままで、ごくごく普通の女性でした。
少し酔っ払っていたせいか饒舌でしたが。
1時間か1時間半か。
夜遅い時間だったのと、すでにお酒が入っていたので特に行くところもなく、広い駐車場のあるところでペットボトルのお茶を飲みながら話しました。
僕はそれ以上のこともしてみたいという気持ちもありましたが、相手の女性は会ったその日にそういうつもりにもならないようで、それならば僕もそれで良いと思っていました。
楽しくその時間が過ごせればと。
日付が変わり時間も過ぎていったところで、家の近くというところまで送り届けて帰宅しました。
その後の帰りの車中で一人で反省会をします。
僕はどうするべきだったか、何を話して何を確認した方が良かったのか。
結論として、、、、
妻と話す方が安らぐなと思いました。
意外なことに。
決してつまらないと思っていたわけではありません。
連絡の交換も楽しんでいましたし、待ち遠しく思いました。
ただ会って話してそれ以上の興味が持てるかといったら、僕は意欲が湧かず、むしろ面倒だと思っています。
それならば妻と話そう。
こんなことをしたら楽しいだろう。
ケンカもしますし、どちらかといえばケンカばかりをしていますが、それでも楽しいのは妻との会話と過ごす時間だと感じました。
それから2・3日経ちますが、あの女性に連絡をする気にならず。
出張や移動の疲れがあるのか、いろいろと面倒だなと思っています。
きっとキャバクラなどでホステスの連絡先を交換することになっても、僕は面倒だと感じて踏み込まないタイプなのだろうと思います。