あずきバーで差し歯が取れる




先月の出張で起きた出来事はどんな出来事よりも衝撃的でした。
あずきバーを囓ったら差し歯が取れるという客先でのハプニング。
まるで絵に描いたかのようにポロッと落ちました。
あまりの出来事に、客先では接着剤という言葉が頻繁に飛び交いました。
アロンアルフアなど。
もちろんそれは無理な話なので、出張から帰ったら歯医者で付けてもらうことになりました。
あれから何週間かしてゴールデンタイムのテレビ番組であずきバーが取り上げられていました。
「なぜあれほどに硬いのか」
質問の中にそれがありました。
僕はあの硬さのために客先で差し歯が取れるというハプニングに見舞われたのです。
答えは「添加物を含まないためにフワッとしない」という至極当たり前のこと。
それであれば仕方が無いのかと「無添加」という言葉に弱い自分を感じました。
差し歯が取れたこと自体に怒りを覚えていたわけではないのと、むしろ場が和んだので良いことだと思いましたが、それにしてもの威力の凄さに驚いています。
安易にあずきバーを食べてはいけない口元になっているようです。
歯医者では状態を確認してもらい、その日のうちに再接着ができました。
もしかしたら取れるかもしれないという注意が付きましたが。
とはいえ、僕のようにあずきバーで差し歯が取れる人も多いのではないでしょうか。
あの硬さはあらかじめ分かっていることなのだから、十分に注意が必要です。
しっかりと舐めて表面を柔らかくしてから食べたい物です。
味はとても好きなので。