下半身の主張を繰り返す

出張が連続していました。
新幹線を乗り継いで出かけたところも、車を何時間も運転して出かけたところもあります。
無事に何事も無く帰宅できて良かったというところですが、おかげで疲労が溜まってしまい、丸1日何もできない日ができてしまいました。

出かけた先での睡眠時間が短かったのか、帰ってきて溜まっていた業務のためにすぐに休めなかったからか、いずれにしても出張から帰った翌日はダウンしました。

約10日間、まともに家にいなかったのですが、そんな時は自然と禁欲期間となります。

きっと若ければ出かけた先で風俗店に行ってみようとか、行かなくてもお呼びしてみようとかあるのかもしれません。
僕は個人的にそういったお世話になったことはありませんが、この年になっても一人で自分のお世話をしているっていうのも寂しいと感じます。

もう用済みなのかもしれませんが、体はそういう認識もしてくれず、日が経つほどに主張を激しくしてきます。
1度で良いから、どこかで溜まったものを放出すれば、主張も少しは落ち着くと思うのですが。

出かけた先でも家に帰っても一人で過ごしているので、まったくそういった縁も無く、やるとしたら一人です。
もう少しナントカならないものかと思いますが思うだけ。

せめて下半身のこの主張が大人しくなればと思いますが、大人しかったら大人しいで寂しく感じると思いますし、どちらにしても寂しいのだろうと思います。

体は疲れて睡眠を欲し、仕事もままならないままに15時間くらい眠りました。
目を覚ます度に下半身には大きく固い主張を感じますが、体は怠いのでまた寝入り、気が付けば主張をして。
そんなことを繰り返し。

今週は少し落ち着いて仕事ができそうです。
主張を受け止めてくれる先があればと妄想を繰り広げながら。

【ブログランキングに参加してます】
こちらの応援をお願いします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
ブログランキング
ブログランキングならblogram




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top