思ったように疲れが抜けない30代




同じ30代といっても前半と後半とで大きく違うことを学び始めました。
数年前までは平気だったことも、今では体力的にキツく、たとえそれができたとしても数日間は疲労が尾を引きます。
特に睡眠時間が短いとそれは顕著で、何日前の疲労が残っているのかも分からないくらい。
まだ30代とはいっても、確実に老いは近づき、同じ30代だとしても数年で状況が変わるのだと分かりました。
なにをすれば改善するのか、即効性のある食事はあるのかと考えるのですが、未だに答えは見つからない状態です。
疲労しない体力を付けることもアイディアのひとつではありますが、そもそも体力を付けること自体が疲労を伴うので、なかなかに難しいところです。
食事は食べ過ぎればそれも疲労感に繋がります。
過度な食事は糖質や脂質の摂取量も増え、無駄な体重増加にも繋がります。
いろいろと思うところが増えてくるのも30代の難しいところで、40代や50代、その先になったらどういった人生になるのかが想像着きません。
最近では朝4時頃に目が覚め、夜10時には目も開いていられないくらいの眠気がやってきます。
すっかり朝型に変わってしまい、年寄りは早く目が覚めるという事象がやってきているのか?とも思います。
すっきりと疲れが抜けてくれれば、対策を練ることも実行に移すこともできるとは思いますが。
一日中寝ているわけにもいかず、仕事や家事といったやらなければならないこともあり。
ダラダラと疲労が回復していくのを待っています。