朝食を控え目にする習慣を覆す

妻が実家に帰って冷蔵庫には食べる予定だった野菜が山のように残りました。

5人分を4人で食べる。
3人分を2人で食べる。
そういう人数配分ができないのが、ふたり分をひとりで食べるときです。
単純に倍の量を一人で食べる。

レタスは丸々1玉。
2回の食事で食べきらないと、ピンク色になってきた断面が目立ってきました。

今朝は、このレタスを主食にして、ベーコンをカリッと炒め、同じように余りまくっている卵をフライパンでスクランブルエッグに。
フライパンにはバターを溶かして塩胡椒で味を調えて。

ふだんは面倒なので、起きたら冷たい物を口に入れながら目を覚まして仕事に突入していますが、さすがにここ数日は食物を消費するために食べ続けています。

豆腐1丁と納豆が3パック×3つほど。

水分を吐き出し続けているえのき茸。

これらをできれば今日のウチに食べ尽くしたい。
でも納豆は無理か。
そんなことを悶々としながら、今朝の珍しい朝食です。

ただひたすらに便通が良くなり、回数を増した快便が続きます。
果たしてこれが健康なのか多すぎることなのかは判断が付きませんが。

もうじき健康診断もあるので、多少は食べ過ぎでも食物繊維やタンパク質などを摂り続けたいと思います。

ブログが気に入ったらご登録ください

【ブログランキングに参加してます】
こちらの応援をお願いします。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
ブログランキング
ブログランキングならblogram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top