風邪っぽい体調に注意をする




一昨日、出張から帰ってそのまま仕事に入り、溜まりに溜まった物を片付けて、気が付けば午前3時した。
出かけて帰ってきたテンションから眠気も余り感じず、疲労感はあるけれど体調は良いと感じていました。
翌日、電話打ち合わせをしながら仕事を進め、午後に入った頃からか体がだるくなってきました。
眠気なのか疲労なのか、分からないけれど横になって眠りたい。
それにも関わらず電話先の相手は空気を読んでくれることも気遣ってくれることも無く、なかなか電話を切ることができるタイミングもなく。
結局、電話を切ることができたのは夕方5時。
そこから本格的に自分の仕事に没頭したいところも、体調が優れないまま布団に横になりました。
気が付いたら妻からの電話で目が覚め、時間を確認したら8時。
だるさが残ったまま話し、デスクにつきました。
なかなか本格的に取りかかれないまま、その日は休むことにし、翌朝、のどの痛みが酷く目が覚めました。
きっとドロのように眠りに入ったので口を開けたまま寝たのだと思います。
ノドの痛みは体調を崩して風邪を引く前兆で、ノドが痛んだら十分に注意をしてきました。
今回もビタミンを過剰に摂取し、野菜を取り、仕事はダラダラとやり過ごしながら。
でもだるさは抜けず、ノドは痛いまま。
のど飴でもなめようかと思っている朝です。