運動後には精子の量が増す

眉唾な話ですが、あながち嘘でも無いのかなと思う話です。
数年前に男性不妊症だと分かってから、もともと好きだった有酸素運動を意識して続けるようになりました。
家では無酸素運動もするようになりました。
こちらは頻繁にできていませんが。

得意な運動を苦無く続けることが大事だと思います。

そんな中で感じているのは、運動の後には精子の出る量が多いような気がします。
もちろん家で成分量を調べることはできないので、精液と精子のバランスを調べたら変わっていないかもしれません。
ただ視覚的に射出される量が多くなっているのは感じるところで、効果があるとも思えてきます。

不妊治療を続けて行く中で、出ていても中身は別ということを学びました。
自分では精子が出ると思っていても、顕微鏡で見たら実は精子そのものの数は少ないことや、まったくいないことはありえる話です。
出ることといることは別だということでした。

それはパイプカットをしても同じことで、要は成分として精子が含まれているかどうかが大切になります。

そんなことを置いておいても、やはり射出される量が多いと快感度も上がるようで「まだ行けるかも!」と気持ちも上がります。
「そろそろ年齢的にも」と少し引け目になっている気持ちも、量が多ければ「そんなことはない」と思い直すことができます。
男性として求められるということも精子量や精神的にも大切なことだと思いますが。
もうオッサンの域に達し、そもそも求められるような容姿ではないので、そこは僕自身が求められないなと思ってはいますが。

男性的な性的強さを維持するのに大切なテストステロンを多く分泌するためにも、体を動かして筋力を維持し、達成感を得ることで生理的な部分も活性化できれば、精子の射出量もおのずと増えるのではないかと思います。

僕も出すときは運動をしてから気合いを入れて取り組もうと思います。
出す相手はいませんが。

ブログが気に入ったらご登録ください

【ブログランキングに参加してます】
こちらの応援をお願いします。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
ブログランキング
ブログランキングならblogram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top