久しぶりに子供に会う

しばらく忙しい日と出張の日に追われていました。

1月から妻とは別々に暮らし、あっという間に3ヶ月間。
子供の顔を見ない日も2ヶ月を越えました。

一人で住む空間の寂しさにも慣れ、おっさんの一人暮らしとは侘しい物だと悟るように考えるようになりました。
それも出張と仕事の忙しさのせいで、毎月のローンや税金の払い込みを考えるとプライベートの時間を減らしてでも今は仕事を踏ん張りたいところでした。

2ヶ月も子供に会わなければ顔も忘れられていると思いますし、別々に暮らして3ヶ月にもなれば、お互いに生活習慣も変わってきているだろうと思います。

仕事の合間を縫って3日間の時間を作りました。

妻の実家へと出かけ、久しぶりの我が子との対面。
不思議な顔をして僕の顔を見る子供と、どう接して良いのか分からなくなっている僕と。
その様子を見ている妻と義母と。

ただ子供は僕の顔を見て笑うことも無ければ泣くことも無く。
他の人が近づくと大声で泣くことを思えば、まだどこかで記憶に残っていたようです。

30分1時間と触れあい、僕も勝手が分かり、子供も笑顔を見せてくれるようになりました。
別々に暮らしている間に大きく成長し、抱き心地も変わり、長い時間が過ぎたように感じました。
ただ成長して体が重くなっていることに加え、ほぼ素人のように戻っている僕の子守り用の体調は戻らず、すぐに腰が痛くなったり筋肉痛になったり。
そんなことを楽しみながら数日間を過ごしました。

またしばらく一人暮らしに戻ります。

ただ妻が子供を可愛がっている様子を見たり声を聞いたりしていると、あんなに消極的に取り組んだ不妊治療もなんとか上手くいき、子供が生まれてきてくれて良かったと思いました。
僕もだらしない親なので、隙があれば男としての欲望が沸々と湧き上がってきますが、でも心や気持ちは以前と変わっているのだと感じました。

ブログが気に入ったらご登録ください

【ブログランキングに参加してます】
こちらの応援をお願いします。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
ブログランキング
ブログランキングならblogram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top