数ヶ月冷凍した魚を食べる

たくさんのローンをして家を新築しました。
いよいよ僕も腰を据える年齢になったようです。
これから30年の支払いが始まります。

それが昨年のこと。
年が明けて、妻は育休でゆっくりできるうちにと子供を連れて里帰りしました。
1ヶ月ほどで帰ってくる予定でしたが、実際、帰ってきたのは数日。
体調を崩した実母の看病のため、ふたたび実家へと帰っていきました。

あれから2ヶ月。
今年に入って2週間ほどしかこの新築の家に住んでいないということになります。
この新しい家にいるよりも、実家の方が長くなりました。

僕も引っ越してから一人で暮らす時間の方が長くなりました。

冷凍庫にはすぐに帰ってくるだろうと想像していた名残があり、肉や魚がたくさん眠っています。
冷蔵庫のものは数週間掛けて無くしていきましたが。

もともと家族で暮らすための大型の冷蔵庫を買っていたので、30代のオッサンがひとりで暮らすには大きすぎる冷蔵庫です。
冷凍してあるものも解凍してしまうと食べるのに数回の食事が必要です。

ひとつひとつの解凍を躊躇っていましたが、今日は赤魚のみりん干しを冷凍庫から出しました。
賞味期限は2月です。

冷凍だから大丈夫だろうと思っていますが、冷凍焼けや新鮮さといったものは求められないだろうと思います。
味が付いているし、ただ腹痛にならなければそれだけでも。

解凍は半日ほど室内に置いてから。
昼ご飯に食べたいと思います。

ブログが気に入ったらご登録ください

【ブログランキングに参加してます】
こちらの応援をお願いします。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
ブログランキング
ブログランキングならblogram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top