髪型を整える




散髪は3ヶ月か4ヶ月おきにでかけます。
たいていは短く刈り込んで、耳に掛かるようになったり、眉に掛かるようになったりというタイミングで髪を切りに出かけます。
最近は忙しくしていたこともあり、耳に掛かっていた髪は毛先が丸くなって後ろへ流れ、風が吹くと耳をカサカサとくすぐるようになりました。
そんな調子で独身の頃は半年以上も髪を切らないことがあり、同級会へ出かけたときなどは「あいつは変わった」と言われました。
高校時代の僕は丸坊主とまではいかないまでも、常に短髪で前髪を立てていたので。
それが鼻の頭も隠れんばかりの髪の長さになっていれば、変わったと言われても仕方のない状態でした。
以前は「米兵のようにしてください」とお願いをして、全体的に2〜3センチほどの長さにしたこともあり、まるで悪いことをして反省をしているかのような言われ方をしたこともありました。
30代になってからの短髪などするものではないと思ったものです。
今は多少落ち着き、「第2関節まで」や「指一本分」というような長さなので、かなり普通に見えていると思います。
風呂に入っても髪の長さが乾くのが早くて気持ちが良いです。
ただ直毛のせいなのか風呂上がりの濡れた状態では、パイナップルのようにもなっていますが。
大人になると外見は大切になります。
どの程度、外部の人の目に触れるのか、会社や社会でのイメージを気にしなければならないような仕事ならなおさら。
僕は営業職ではないですが、ぱっと見のイメージは大切なので、本来は髪型も大切です。
ただ技術職だった時代の方が長く、髪の長さを気にしない、ヒゲも剃らないということも多くあります。
そういったことも改めなくてはと思う日もありますが。