朝型の仕事




1年の仕事のヤマ場が3月からスタートして、下旬に来てなんとなく頂が見えてきたような最近です。
僕の場合、小さく働いているせいなのか1年間をコンスタントに稼ぎ続けることが難しく、どこかで大きなお誘いを請けないと厳しいことがあります。
それが今年は3月に始まり、新年度を迎える頃には完了する予定でした。
年明けからこのために打ち合わせや出張を重ねていました。
外部の協力者も増員し支払いも発生している中で、仕事が終われば僕の収入もありますが。
確定申告後の納税もあり、協力してくれる仲間を維持するための支払いをしながらの仕事はなかなかに辛いものがあります。
全員が支払いは仕事が終わってからだと納得してくれていれば良いのですが、それぞれに事情もあってそういうわけにもいかないですし、会社経営だったら給料として毎月お支払しているのですし。
とにかく早くに仕事を納めて期日にも精神的にも余裕が持てることを考えて、少しずつ仕事に取りかかる時間を変えました。
普段は夕方の連絡が多く夜型になりやすいのですが、ここ数週間は朝6時過ぎからの仕事になっています。
例えば6時半に仕事を始めたら、昼ご飯を食べるころには6時間近く働いていて、3時頃には8時間を越えます。
7時頃にはもう眠くなってきていて、どんなに頑張っても10時には寝ないと仕事の質が著しく落ちるタイムスケジュールです。
昔は寝ないでもいられましたが、30代後半になると夜9時以降の仕事は効率が落ちるどころか、間違いも多く迷惑を掛けてしまいます。
それでもしっかりと仕事の時間を取らなければならない時期なので、朝型に移すことで間違いを減らそうと思いました。
ただ夕方以降に連絡が来ることは以前と変わらず、6時や7時に電話が掛かってくることはまだ良いとしても、9時や10時を回ってからの電話や、11時近くになってからの対応ということもあり。
そういう日はたいてい僕の機嫌も悪くなります。
周りの人もみんな朝型になれば良いのにと思いながらの朝の仕事。
静かで良いのですが、前日の指示が曖昧なままで着手できない場合があったり、早く仕事が進んでしまって先方の出勤待ちなんてこともあり、僕の都合だけでは上手く進まないなというところです。