仕事と友人との関係

仕事の関係上の繋がりを持つ友人と、よく話す機会があります。
もちろん仕事の依頼をするので、たんなる世間話だけではなく、専門的なことや将来のことも話すのですが、最近は専ら昨年の振り返りや今年から来年、その先のことを話すことが多くなります。

振り返りや目標は、たいていの場合は年始にと思うのかもしれませんが、確定申告を迎える人の多くは、年末年始は3月末に迎える気持ちかもしれません。
僕だけかもしれませんが。

どちらにしても、友人とは反省の言葉を繰り返し次回はこうしようと良いながら、できたできなかったという会話をすることが多いです。

僕は本業でなんとか生活をできているタイプ。
友人はどちらかといえば本業が定まらず、お金になる様々なことをしながら僕をサポートしてくれています。

もちろん彼自身で仕事を請けることもありますが、僕が見ている限りは依頼する方が多そうです。

そんな関係性でありながらお互いに学ぶところがあり、数年間、付き合いが続いていますが、今日も一緒に昼食を済ませながら反省をし、先のことを話していました。

僕の場合は、振り返るのはやはり独立前にできたことがあったということ。
そして、こんなことで抑圧され、解放されたことが良くも悪くも自分らしくいられるようになったということ。
この先、これで良いかどうかは迷うところ。

友人は過去も振り返るけれど、とにかく明日、一週間先、一ヶ月先にも食べるに困らずに生活していること。
将来どうなるかは、そのときの流れがあって、今まで自分の思ったとおりにはなってこなかったこと。
どんなに計画をしても、そこは変えられないのかもしれないと。

ふたりで盛りの大きなカツカレーを食べながら、食べたあとは二人揃ってお腹を壊し、街を歩く女性を車から眺めて盛り上がっていました。

食べものの好みも、女性の好みも、生活のリズムも。
何もかもが違う友人ですが、仕事の息もわりと合い、時に諭されたり頭を下げたりして上手く付き合えています。
結局、二人で話すことでは何も解決しなければ生み出すことも無いのですが、こういう関係性と時間は落ち着きます。

ブログが気に入ったらご登録ください

【ブログランキングに参加してます】
こちらの応援をお願いします。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
ブログランキング
ブログランキングならblogram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top