胸元から目が離せない




おそらく世の成人男性のほとんどが同意見だと思います。
成人していなくても同意見という男性も多いと思います。
胸元から目が離せません。
むしろ話せないというよりは吸い付けられるという表現の仕方が正しいと思います。
それは視覚的にも目が離せないのはもちろんですが、話題にあがっても興味をそそられ耳を傾けてしまいますし、妄想のほとんどが胸元から開始することもあります。
よく見かけるのはインターネット上の胸元です。
こういった画像や映像はネット上で氾濫していますが、それをわざわざ求めなくてもYahoo!などのニュースサイトでも胸元が視界に入ってくることは多々あります。
最近ではグラビアアイドルの話題もいちいちニュースとして取り上げられ、胸元を露出した写真が合わせて掲載されることも多くなりました。
ついクリックして拡大してしまって、そのときに「負けた」と感じてしまう自分が切ない大人だなと感じつつ、新たな胸元を見つける度にクリックを繰り返します。
最近では宇多田ヒカルさんのツイートが話題になり、「グラビアでのバストサイズ公表なんてアメリカでは見たことがない」というようなことが掲載されていました。
そのこと自体は興味をそそるようなことではないのですが、僕はグラビアアイドルのように巨乳でそれを露出しているという状態はあまり好きではなく、どちらかといえばそれをアピールしていない方が好みです。
宇多田ヒカルさんのように歌手が本業でありながら、そちらが話題になってしまうのもグッとくることのひとつですし、あまり大きくはない方でも数字を公表していたりサイズ感の分かるファッションであったりというのもグッときます。
何が言いたいかというと。
おそらく胸元はこれからも一生目が離せない対象なのではないかということです。