30代は癒されたいだけなときもある



出張続きの疲労感から、つい風俗に手を出してしまいました。
なかなか整わない生活のリズムから体調も辛いのですが、それ以上に気を遣うことや慣れない環境での精神的な疲労感が大きくなっています。
朝、目が覚めてもなかなか起き上がることもできず、予定していた時間を過ぎてようやく動き出すことができます。
請けた依頼に対応して少しでも早く連絡をして、次の仕事に移らなければならないのですが、ただ画面に向かったきりで考えごとがまとまらない時間を過ごしてしまいます。
そんなときに目についたのはデリヘルでした。
僕は今まで風俗に行ったことがないとは言いませんが、行ったところで、事を済ますこともできないし、楽しむこともできずにいました。
どうしてこの仕事をしているのだろう?という疑問や、接してくれる態度が気になったりと、全く集中もできず、そうなると欲情もしません。
女の子は好きだけど、風俗は楽しめないから嫌いという思いでした。
ただ今回は気持ちが落ちていて、たまたま目に止まったということから連絡を取ってみたくなりました。
もしかしたら気持ちの中に溜まっているものが発散できたり、そのフタを外すことができるんじゃないかと思ったのです。
身近なところでは気が引けたことと、少し冒険したい気持ちもあって1時間ほど掛かるところで手配をしました。
待ち合わせをしてからのホテルという段取りで。
会うまで顔も分からない状態でドキドキしながら向かいます。
車のナンバーや色、待っている場所を伝えてほどなくして相手の女性がやって来ました。
「この写真がわたしです」とは言われていませんし、掲示もされていませんでしたが「やっぱりそうだよね」という感じの好みには合わない人でした。
そこは文句を言ってもしょうがないと思い、コミュニケーションを図ろうと話しかけます。
すると相手の女性はダルそうに、駐車場を出て一時停止が見えたら左にと言いました。
風邪?とも思えるような少しかすれた声で。
言われるがままに駐車場を出ると、正面にも一時停止が見えるのですが、すぐ左にも一時停止が見えます。
どちらか分からないけれど、左の一時停止は僕が走っている道路ではないので、まっすぐ行こうとしたら「これだよ!」と言われました。
合わせて「バカ?」という一言と。
一応謝ると直ぐそこにホテルがあって、指示されるがままに入っていきます。
ホテルに入るのは数年ぶりです。
僕にとっては7年や8年は経っていると思います。
施設によって仕組みも違うし勝手が分かりません。
指示されるがままホテルに入ったのだから、なら駐車場のどこに停めて良いかも指示をもらいたいところでしたが、そこは黙ったまま。
適当に停めて入口らしきところに入ると機械があって、部屋を選べと言われます。
現金で払えと。
でもココも勝手が分からないのです。
ほんとうに。
ホテルってココが全てじゃないだろうと思うのと、ふたりで選ぶ楽しさもあるだろうと思うのです。
でもその女性は近づきもせずにケータイを見ているだけ。
部屋代を機械に入れるとカードが出てきました。
このカードが何を示しているのか分からないので、いちおうバッグにしまいます。
すると「鍵持った?」と確認されたので、僕は何のことかも分からず聞き返すと「カードの」と言われたので「カードはあるよ」とバッグから取り出そうとしました。
それをまた斬新だとからかわれ、初めて見たと言われ。
もともと顔を見たときから萎えかけていた気持ちが完全に折れました。
見た目は文句を言ってはいけないと思うけれど、こういう態度は不快に思うのは僕だけじゃないだろう。
ならば断って良いところだなと思い、帰る旨を伝えました。
別の子を紹介しますか?
と言われたけれど、そういうことではないので。
見た目の問題では無く、コミュニケーションが取れないことが問題なので、紹介してもらったところで似たような人が来るのだろうと思えることと、今さら折れた気持ちも復活できると思えないことと。
時間を使ってお金を使って。
結局僕は何がしたかったのだろうと思うと、ただ人の体温に触れて話したかったのかなと思いました。
直接的な体の触れあいはどちらでも良かったのだと。
いろいろなことを忘れて吐き出して。
酒が飲めればキャバクラやスナックへ行くところなのでしょうが、僕はアルコール類が一切ダメなので、そういった遊びもできません。
かわりに大食いをすればお腹を壊すし、唇にはヘルペスもできています。
つまらない女に捕まったと思ったことと、そういった行動に出た自分に反省をしました。
僕はもともと遊びが上手くできなくて、風俗だって興味があっても通うことはできない性格です。
いまさらそこで溜まった物を吐き出すこともできないのだと。

■■質問箱というのを置いてみました
ココから