腰痛が長引く




11月の引っ越しの際に腰を痛めました。
以来、もう1ヶ月ほど腰痛に悩まされています。
はじめは大したことないと思っていたこともあり、すぎには医者へ行く事も無かったのですが、4・5日してから通院を始めました。
もともと分かっていたことで、背骨が曲がっていることと反っていること。
それによって姿勢が悪く関節を痛めやすいということ。
改めてそれを指摘され、だったらどうしたら良いのかという改善策を聞かされないままに治療がスタートしました。
レントゲンは撮ってもらいましたが、診察では分かっていたことしか言われなかったので結局意味があったのかどうか分からないまま理学療法士さんの治療が始まりました。
背骨のまわりをグイグイやり、電気を掛けてシップをして終了。
約20分ほどの治療ですが、これが毎日続いています。
ときどきの出張では引いていた痛みが元に戻ったり、日々の暮らしの中で改善と痛みを繰り返している毎日です

最近は痛みも引いているので、トレーニングをしながら腰痛と姿勢の改善を心がけていますが、こうなってくると面倒なのが通院です。
病院へ行けば、まだまだだと言われます。
僕としては以前からの姿勢の悪さがすぐに改善できるとも思わないので、日々のトレーニングが大事で、それは通院によって変化を持つものではないと思うのです。
お医者さんの立場からではどうなのでしょうか。
そもそも僕のレントゲンで指摘をしてくれた箇所は長年の積み重ねで変化した部分。
いつぐらいまでどうなるのかの見通しが無いと、通院も良いのかどうかという判断が付かないまま。
ましてや、そう毎日ヒマではないのです。
腰は大事な部分ですし、日々の生活で関わることも多いです。
だから完璧に治したい気持ちもありますが、完璧には時間が掛かるので、せめて先のことを知りたいのです。