今年の残り時間で仕事に集中




年末年始は忙しく、慌ただしく過ぎて行きます。
11月だと思っていた月日が、気が付けばもう12月。
月末から月初に掛けて出かけていた出張のせいか、もう12月初旬を過ぎようとしています。
年末恒例の忘年会にも、今年は運良く呼んでもらうことがあり、数年前の「お呼ばれ0件」ということが回避できました。
個人で仕事をしていて最も恐ろしいのは、誰からもアテにされなくなることなので、こういったお祝いや賑わい事に呼ばれないということは、必要とされていないのではないかと勘ぐってしまいます。
相手からすれば、遠方から僕を呼ぶことに遠慮もあるのだと思いますし、実際、呼ばれたところで伺うことができないこともあります。
今年の残りの月日ですが、仕事場に篭もって仕事を詰めていくことになりそうです。
特に新しい仕事場、新しい家、家族になったことで、年始から始まる確定申告の整理がややこしくなりそうです。
業務的なところだけでしたら、今までと大きく変わることも無く、例年のように記入して提出でしたら良いのですが。。
業績を伸ばそうと思えば国民年金保険も高くなる一方ですし、今後のことや貯蓄も考えて加入団体を変更するなど、動いていこうかと思っているこの頃です。
年末年始は忙しく時間が過ぎていくのですが、仕事が忙しいことや、過程が忙しいというよりは雰囲気に流されて忙しくなるような気もするので、今年こそは12月をシッカリと過ごしたいと思うのです。