新しい仕事場について思う




新しい仕事場ができました。
6畳ほどの広さなのは今までと変わりないのですが、大きなクローゼットという収納ができたところと雰囲気が変わったところが全く違います。
独身のときに使っていた仕事場に近くなったかもしれません。
当時、使っていた仕事場は8畳。
自分のデスクと打ち合わせ用のデスク。
押し入れが2つ。
たくさんの荷物が押し入れに詰め込まれていました。
これからの仕事場はクローゼットはひとつですが、計画的にしたおかげで収納力は以前より上かもしれません。
なによりも不要品は別のところに収めました。
仕事だけの空間といった雰囲気です。
プライベートと仕事とをうまく切り離すことのできなかったここ数年。
仕事のイラつきを解決できないまま食卓について、それが原因で妻との喧嘩を繰り返していました。
プライベートの雰囲気を感じて仕事に打ち込みづらいこともありました。
今度は仕切られた空間で集中力も増しますし、他のことに散漫になることも少ないです。
遊び放題にできるともいえますが。
やはり仕事に集中したいならば、少しでも家の雰囲気を感じない場所が必要だと思います。
独身の時ならまだしも、家庭があればなおさらのこと。
食事の香りや子供の声、仕事を妨げる要素は様々です。
だからといって手を止めることもできなければ、家庭に戻っても仕事が気になる。
そんなどっちつかずの状態にならないようにすることはなかなかに難しい数年でした。
支払いもあるので、安定して貯蓄を保っていくには仕事が大事です。
クライアントにはこれまで以上の安心感を持ってもらう必要もあります。
家のことと切り離された空間は仕事の面では良いことだらけに思いますが、だからといってプライベートがおざなりにならないように気をつけたいと思います。