母とケンカをする

新しいブログをこちらで始めました
https://marriedman.site/

親とやり合いました。

久しぶりだと思います。
親とのケンカは。

義母と妻と僕とで決めようとしていたことを、話も通さずにいるわけにはいかないので、報告のような相談をしたのですが。
それを反対されました。

反対意見を僕に言うだけならまだ良いのですが、妻にも直電で同じことを伝えたようです。

僕の母は言葉がストレートで、なにか伝えたいことがあると矢継ぎ早に直球の言葉が出てきます。
母には悪気は無いのですが、人によってはそのことがプレッシャーになることもあるようです。
実際、妻がそうでした。
妻がプレッシャーを感じる度に、僕はそのフォローと釈明のために時間を割いてきました。

今回の場合は、義母の目の前でのことだったので僕も神経質になったところもあります。

母に電話で伝えました。
物事には言い方と、言うタイミングがあると。

母は母で気を遣っているつもりで、まさかそんなことを言われるとも思っていなかったと思います。
僕のその言葉にショックを受けたようで、もうなにも言わないし言いたくないと伝えられました。

僕はまだ世間の常識や慣例を分かっていないので、親がいちいち口を出してくれるのはありがたいことで、そんなふうに言われるのも困ります。
でも母は言い方を注意されるくらいなら、もう言いたくないと。。。

いくつかの言葉をやりとりしながら、僕の言葉で母にショックを与えてしまったことと、思いがけず母がいじけてしまったことが僕にはショックでした。
少し冷静になってみようとおもって、数時間経って思いました。

僕は今まで不機嫌な態度を取ったことはあっても、親とシッカリとケンカをしたことが無かったと。
怒られることはありました。
でも親の意見に対して、僕が意見をぶつけ、それで感情的になったことはありませんでした。
おそらくお互いに譲り合って、お互いが共存できるところで納得して生きてきたのだと思います。
それには誰かの思いが犠牲になったり、感情を殺したりしてきていたのだと思います。

母も年を取ったと思いますし、僕も大人になったと思います。
そして僕と僕の母以外の人が関わることで、今回のような言い争いになったのかなと思います。

僕は母に、言い方とタイミングの注意をしましたが、僕自身、母には言い方が不味かったのかもしれません。
十分に言葉は選んだつもりですが。
ストレートすぎたのかもしれません。

謝ろうと思っていますが、言いづらいのでひとまずメールで。
でもまともに謝ったこともないので、メールですら敷居が高く感じてしまっています。
こんなことになるのなら、僕がもっと空気を読めればと思うことも。
ひとこと「言い過ぎた」と伝えるだけなのですが。

ブログが気に入ったらご登録ください

【ブログランキングに参加してます】
こちらの応援をお願いします。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
ブログランキング
ブログランキングならblogram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top