義母は電気を消さない




完全に愚痴で以前にも書きましたが。
義母は電気を消しません。
防犯や、頻繁な電気の点灯は省エネではないという理由もありますが。
行動や生活の様子を見ている限り、それを意識してのことではなく、単に忘れっぽいかズボラなために点けっぱなしにしています。
先日、出産を終えたばかりの妻の手伝いに数日間、家に来て手伝ってくれた義母。
今回は引っ越しと子守りのために来てくれました。
とても助かっています。
僕は仕事ができますし、妻は引っ越しの後片付けができます。
子供の面倒は手が空く人がすれば良いですし、僕も以前のように疎外感を感じることもなく接することができています。
でも、やはり電気は消さないのです。
僕が気にしているのを妻が察してくれて、それとなく伝えてくれたようですが、冗談にしか聞こえなかったのか、今さら生活を変えることもできないのか電気は点けっぱなしです。
どんなに明るい場所でも電気は点いています。
誰もいなくても電気は点いています。
寝泊まりしている部屋も。
昼間はほぼ留守なのに。
電気だけだと思っていたのですが、僕もやはり新築の家になると細々と気が付くようで、手を洗った後に拭かずに振って水滴を払うという技が目についたり、茶碗やお椀を持たずに食べる姿が目についたりしています。
妻も片手でご飯を食べるので、そういう家だったのだなと思い、子供には持たせるクセを付けようと思っています。
お世話になっている親なので、文句を言わずに愚痴を書き連ねるだけにしたいと思いますが、僕もきっと気が付かないクセが多々あるのだろうと思うので、気をつけたいと思います。