寝かしつけるのは父親の僕の役目

以前と比べて、自分のことながら子供のことに関わっているように思います。

妻からも「しなくていい」というような言葉や「大丈夫」といった言葉は減ったと思います。
僕が気が付かない間のことを言われることも無くなりました。

子供が少し成長して楽になったおかげなのか、妻や僕が慣れたせいなのか。

僕にとっても外出がしやすいような雰囲気になってきました。
そろそろ出かけても良いのかなと考えて悶々としています。

先週は出張宿泊もあり、家にいる時間が短くなりました。
そのかわり、寝かしつける役割が毎日の日課のようになり、10時を過ぎてから2時間か3時間。
子供が落ち着いて眠りに就くまで、僕が面倒を見ています。

先日の出張から戻ったときなどは、10時頃に家に帰り、風呂と夕飯を済ませてから子守りの時間になりました。
落ち着いた頃を見計らって、外出中の連絡を確認したのですが、その間に子供が目を覚ましてしまったので、子守りに戻ります。

落ち着かせてから仕事再開。

結局、僕が落ち着くことができたのは2時に近づいた頃でした。

毎回、宿泊込みの出張は寝不足になることも多く体力的には辛いのですが、イラッとするところもありながらもなんとか翌朝を迎えることができました。

うんちの処理も、寝かしつける一連の流れの中に含まれているので、授乳以外のことはなんとかできているのではないかと思います。

さすがに乳を吸わせることだけは心の鍵が掛かっているので・・・・

ブログが気に入ったらご登録ください

【ブログランキングに参加してます】
こちらの応援をお願いします。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
ブログランキング
ブログランキングならblogram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top