育児中 義母が手伝ってくれる

出産後の妻の負担軽減のため、義母がやってきました。

半月ぐらいいてくれるようです。
気は遣いますが、もうしばらく家事もしなくて良いですし、かなり助かります。

僕も家事をしないわけではないですが、気持ちが違うというのは大きいです。

夜に駅に到着するのを迎えにいって、その日は家にある物を食べ、翌日から精力的に家事をしてくれました。
どんどん綺麗に片付いていくいろいろなもの。

時間になればご飯も出てくる。
ココは実家か!というくらい。

味付けは僕には少し甘いですが、作ってくれるだけでもありがたいので、まったく文句も無く食べます。

ただちょっと誤算だと思ったのが、子育てを経験した義母だから、新生児のことも分かると思っていたのですが、いざとなるとポカンとしているところ。

「もう30年以上前だから忘れた」といって見ているだけという。
挙げ句には一緒にオロオロしだします。

一番頼れると思っていた義母が、実は子育て未経験者レベルになっているという。
僕も兄弟の子供は見ましたが、そうはいっても素人レベル。
妻と3人揃ってオロオロとしています。

ただ家事は助かっているという。

僕は仕事に使える時間が増え、部屋に篭もる時間が長くなりました。
妻は僕ではない話し相手を得ました。

僕は仕事場に篭もって黙ってます。
壁を隔てて話し声や鳴き声が聞こえます。

ご飯の時間になります。
仕事に気を遣って黙っている義母。

食器が並ぶ音だけが僕の耳に入ってきて、気配を察知して食べに行きます。
お風呂に入って仕事場に座る僕。

気を遣って黙って寝る義母。
起きたとき、気を遣って「おはよう」と言わない義母。

僕が先に挨拶をします。

出かけるときも黙って出て行き、黙って帰ってきます。

なんだか疎外感を感じ、特に進める仕事がないのに仕事場に篭もる僕。
オロオロしながら子守りをしている二人を見て、僕も頼りにならない一人なので、けっきょく近づけずにいます。

なんだか寂しい感じがする数日です。

【ブログランキングに参加してます】
こちらの応援をお願いします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
ブログランキング
ブログランキングならblogram





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top