眠りたいのに勃起が気になる




最近、夜中でも暑いせいか眠りが浅いように思います。
いつもと同じ時間に寝付いても、起きる時間はいつもよりも早かったり、途中で目が覚めたり。
目が覚めるといっても1度では無く、2度3度と目が覚めてしまって、気が付いたら明け方になっていたということもあります。
夜中に何度も目が覚める年になったか・・・と思うこともあったのですが、それにしても30代でそうなるのか?という疑問から、きっとそうではないと考えています。
そうはいっても目が覚めると日中が辛く、昼寝をしたいという欲求と、なかなかそうもいかない現実とがあります。
そこで、今夜こそはシッカリ寝ようと思うのだけれど、また夕べと同じ繰り返し。
なかなかシッカリと寝たという感じも無いという。
昨日は、少し夜更かしをしました。
寝る時間を遅くすれば、眠気も増してシッカリ寝られると思ったのです。
ところが逆に目が冴えてしまい、電気を消して無理矢理に寝付こうとしたけれど、結局はなかなか寝付けず。
眠れたのか起きたままなのか分からないまま、朝3時になっていました。
早く寝付かないと朝になってしまうと思いつつも、時間が経つほどに目が冴えるような気がしてきます。
しかも、こういう時なのにシッカリと朝立ちがやってきます。
別に用もないし、まだ朝ではないので立たなくて良いのですが。
生理現象がやってくるのは嬉しいやら、余計なお世話やら。
これは最近放置気味な自分へのバツなのか、ギンギンな下半身へと意識がいってしまって、寝るどころではありませんでした。
きっとこれはトイレへ行けというサインなんだと思って、半分寝たようなまぶたのままでトイレへ行き、カチカチなままのをトイレの芳香に強引に向けて用を足しました。
本当に余計なときに余計な元気を出すもので困ってます。