疲労感の抜け無さがハンパない




もともと疲れが抜けないなという感覚がありました。
だいたい30代後半に差し掛かってから。
思えば、このブログが始まった頃には疲労感があっても、今ほどでは無かったのです。
不妊治療もしていましたが、今よりはマシだったと思います。
今週はずっと疲労を抱えたままでした。
週末からなんとなく疲れを持って、中盤の出張でとどめを刺され、そのまま惰性で連休に突入し。
連休だからといって休める仕事では無いですし、それなりに休みの時間を取りますが、気持ちまでは休まらないのが最近です。
朝晩とダルい感じが残り、なんとか昼間は活動的になれますが、夜は早く眠りたいです。
妻のとりとめの無い話に付き合っていると、どんどんと睡眠時間が無くなり、それも切ないです。
そんな感じで疲労感がいっぱいな今年。
もうじき40代になったら、このブログはどうするんだろう?と漠然と思いながら、疲労感と闘っています。
たぶん40になったら、そのときには30代の頃はまだまだ序の口だったと思うのだと覚悟をしています。
20代の頃、疲れが溜まると思っていたのがまだまだ序の口だったのと同じように。