TサイズとTALLサイズ

出張先での僕の行きつけの喫茶店では、コーヒーのサイズをTかSで表示しています。

僕はたいてい大きい方のTばかりを選んでいます。
時間があってもなくても、たくさん飲みたい欲求の方が先に立ち、T以外のサイズはまだ注文をしたことがありません。

若いバイトの店員さんがレジにいて、僕はアイスコーヒーを注文してサイズを伝えます。

Tと書いてあるので、僕は「T」か「Tサイズ」と言います。
レジにいる店員さんは「TALLサイズですね」と言います。

毎回、そのやりとりがあるのですが、確認をされる度に、まるで僕がTALLという言葉を知らない人と思われているようで、少し複雑な気持ちになります。

だったら最初からTALLと言えばいいのですが、「TALLで良いのか?」なんていうちょっとした不安もあり、そこにチャレンジできない自分もいます。

言い直されるたびに「しかたないしかたない」と思いながら、「Tですね」と言ってもらえなかったことが少し残念な気持ちになります。

次回こそ僕が「TALLで」と言えば良いのだけれど。
たぶん「T」と言います。
今回のことを忘れて・・・

そして、同じ思いをするのだと思います。

Tって言ってくれる優しい店員さんはレジに立たないのでしょうか。

それかメニューにTALLと書いて欲しいです。
「大」でも良いですし、「L」でも良いです。
Lの方がまだ浸透しているし。
BIGだったらなおのこと良いです。

TALLという言葉を使って、さらにTという略した書き方をして、なのに店員さんは正しく呼ぶ。

これはちょっとキツいと思う30代です。

【ブログランキングに参加してます】
こちらの応援をお願いします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
ブログランキング
ブログランキングならblogram




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top