鬱々とする日




僕はよく鬱々とする日があります。
もともとそういう性格なのかもしれません。
なのに、
自営業という業種で、しかもひとりでできてしまう職種を選んでしまいました。
会社に勤めていたときにも、仕事をするのと同じくらいに、僕がグチグチと言うことを聞いてもらわなければ前に進めないことも多かったです。
それが一人になって、一人でいる気楽さを感じ、一人でいることの息苦しさを知り。
なんでも自分の裁量で決められるような、クライアントに縛られているような。
周りからは自由だと思われ、僕もそれは認めているところ。
だけれど、意外と気を遣うことも多く、朝昼晩、週末も祝日も連絡が取れる体制を保つことにはストレスを感じています。
思えば新婚旅行先でも迷惑を掛けないように最低限の仕事道具を持ち、船を待つ港や、泊まったことの無いようなコテージや、空港や。
いろいろな場所で機材を持ち出して仕事をしていました。
やりたくてやっているのだから、それが自由だと言えば自由かもしれませんが。。
調子の良いときには、この自由を謳歌しながらバリバリに仕事ができていると思います。
行き詰まったり他に気になることができると、気分が落ち込み、バックアップをしてくれる人がいないことに、さらに不安が大きくなり。
もう逃げ出したい気持ちになります。
その中で家のことも最低限はしたいと思っているし、しないことで何か言われることも避けたい。
ネガティブな言葉ばかりが出てくる日も多いです。
本当に不安で辛いときには何も言えないし、何もできないということも段々と感じるようになりました。
仕事のパフォーマンスが落ちていると思います。
とりとめもないですが、僕は気持ちの浮き沈みと上手く付き合えていないのかもしれません。