タンクトップの宮沢りえが良い!僕らの七日間戦争




「僕らの七日間戦争」を見ました。
僕たちの世代では、小学生くらいの年代。
主題歌も懐かしく、中学生であろう主演の宮沢りえさんも初々しい感じです。
ふと目に留まったので、何気なく見たのですが、当時はおもしろいと思った演出も、大人になった今では非現実的で、ありえないと思うことばかり。
それを飲み込んで、当時の懐かしさで最初から終わりまで見ました。
意味の分からなかったところも、今では理解するのも簡単で、そこに思い出も加わってついつい見入ってしまいます。
といっても、目を惹いたのは宮沢りえさん。
当時はただの可愛らしい女の子という印象しか無かったのですが、ストーリーを通してタンクトップ姿が多く、終盤ではホットパンツという衣装。
これはきっとストーリーに耐えられないお父さんに向けてのサービスカットなんだろうと理解しました。
そういえば、「クイズ100人に聞きました」で関口さんが言ってました。
宮沢りえさんは胸があると。。。巨乳だと思うと。
当時はまだ高校1年生か中学3年生か。
だったら育ちが良いなーと思います。
そんな子供でサービスカットもなにもないと思いますが、当時としてはやっぱりお父さん達を惹きつけるためには大切だったんだろうなという感想です。

僕らの七日間戦争