何気ないひとこと




基本的に自分のことを話したくて、他の話は聞きたくないのだと思います。
そして、そのことが返事としてクセになっているのだと思います。
妻の話を聞き、僕も話に乗って少し答えようと思いました。
それってこうだよね。
こういうものだと思う。
という会話になっていたと思います。
妻がこんなことがあった、こうだったという話について、そういう僕の返事は適切ではなかったのかもしれません。
妻からの返しはこうでした。
「そんな難しいことは分からないけど」
「それはどうでも良いんだけど」
僕が小難しいことを言いすぎたのかもしれないです。
でも僕も自分の思ったことを伝えたかったのですが。
妻にとってはどうでも良いことだったようです。
「どうでもいい」とか「そんなことはわからない」という妻の言葉はもうクセになっているのだと思います。
でも、それを耳にする度に僕は言葉を失い、寂しい気持ちになります。