テレビを見ていると口を出す妻



そういうものだというのも知っていますし、そういえば明石家さんまさんも言ってました。
妻というものは、
映画を見ていると、途中でこの先を聞いてくる
言わなくても良いところで、どうでも良い批判をしてくる
この人のココが気に入らないとか。
この役柄ってどうだとか。
そう経験豊富では無いですし、たくさんの女性とそういう場面を繰り返しているわけでもないですが、妻は僕が何かを見ていると必ず口を出すもの。
昨日は僕が好きな歌手の特集番組がありました。
もう中学生のころから、かれこれ20年。
変わらず聴き続けている歌手です。
20年の間、好きな歌手はいろいろと浮気はしましたが、変わらず聴き続けていました。
その特集ということで、少し遅い時間ですが楽しみにしてテレビを点けました。
冒頭のシーンで、印象的なライブ映像が流れます。
そこから妻のひと言が始まりました。
番組に関係のあることなら、「そういうもの」と理解をしているつもりなので、僕も耳を傾け返事をします。
でも最近の妻の荒技は、そんなことでは済みません。
インターネットで見つけたニュースやネタを、声を出して読み上げます。
僕が興味があることなのか。
いま話すところなのか。
そこは全く関係なく、自分の目に停まれば思いのままに。
僕が長年聞いている歌手の特集番組です。
好きな歌も流れれば、感情移入をするような印象的な場面もあります。
妻の話がつまらないこともないですし、声も嫌では無いです。
でも、この番組を楽しみにしていたので、歌を聴かせて欲しいですし、必要の無い話はして欲しくないのです。
そう思っても、口に出したらどこで反撃にあうか分からないので、黙ってテレビを消しました。
僕が静かにして欲しいと言ったことがストレスになって、あとで思わぬところからケンカに発展する方がよっぽど嫌です。
だったら見ない方がまだマシ。
見ることができなかった番組は、巻き戻して見ることもできないので、こっそりアルバムを買って聞こうと思います。