ヤバイ昔の写真を整理



何ヶ月か前に壊れたパソコンの中身を、今さらながらに整理しています。
自分でナントカ直せるのか?と思って結局ダメで、専門の会社にお願いをして必要なものだけでも取り出してもらいました。
でも本当に必要なものは取り出せなくて、届いたのはいくつも重複したファイルが山のように、、、
データ量はそれなりにあったので、取り出せなかった分だけ値引きをしてもらい、あとは僕が適当に整理をすることになってました。
そうはいっても量が量だけに、簡単に済ませることもできず、何ヶ月もかかって未だに終わっていません。
掃除をしているときに、よく昔のアルバムや新聞に見入ってしまって進まない、あのパターンと同じです。
整理していて出てくるのは懐かしい写真ばかり。
しかも他人に見られたらちょっと困る物もたくさんあります。
特に妻には絶対に見られてはならないものも。
この機会に削除すれば良いのですが、それはそれで大切で、今の平穏と天秤にはかけられません。
もう戻ってこない時間ですし。
今に不満があって、残しておこうというつもりでもありません。
よく男は未練がましく、いつまでも持っていると聞きますが、まさにそのパターン。
マズイ物ばかりが出てきます。
仕事上、どうしても必要なものというのは、細かく保管しているので、今回のようなトラブルがあっても困らない程度になってます。
なので、膨大にある仕事データはパッパッパと捨てていけるのですが、保管していなかった思い出の品は懐かしいばかりです。
まだまだ終わりそうにないほどで、今日もそんなことで2時間を過ごしました。
またヒマなときにやろうとおもいます。